募集で行われる実技審査

占い師だからこそある実技審査

占い師は占いができれば誰でもなれる仕事です。しかしだからといって占いが出来る人を片っ端から採用していたのでは「自称」占い師で溢れかえってしまいます。そういったことを防ぐためにも、また会社にあった占い師を選ぶためにも実技審査はほぼ必須となっています。占い師の実技審査とは一体どのようなものなのでしょうか。

実技試験で気をつけたいこと

占い師として有名な店舗に所属するためには面接があります。店舗にも夜かもしれませんが、面接では実技試験を受けることになる可能性がとても高いです。私も今の店舗に所属する際には実技試験を受けましたし、それまでに応募してみたところも全て実技審査がありました。
私の経験上から言わせてもらうと、実技試験はフィジカルとメンタルの両方のコンディションが整っている時に受けると良いかと思います。占いは自分の状態にも左右されやすいです。自分の体調が悪い時には精度が落ちますし、状態がいい時にはいい占いができます。なのでなるべく自分の調子を整えた上で試験に挑みたいです。
あとは実技審査は面接官や現地のスタッフ相手に行うことになると思いますが、この時の鑑定では時間も気にかけたほうが良いでしょう。相談を受けてから結果を出すまでのスピードが長いと、お客様に無駄な時間を使わせることになります。占いではスピードとクォリティが大切です。素早く適切な鑑定ができるようにしたほうがいいでしょう。

緊張をほぐしてくれた占い師

占いは好きですが緊張症の私にはとてもじゃないけど人前で占いなんて無理だと思っていました。でも占い師になるならないは別としてもいつまでも緊張で動けないままでいるわけにはいかないので、本職の占い師に聞いてみることにしました。
近くにお世話になっている占い師がいたので、その人に相談すると「あなたは何も心配することはない。大丈夫」と終始勇気づけられました。そこで少し勇気が湧いた私は思い切って占い師になれるか聞いてみました。占い師には「何事も挑戦しないことには始まらない、やれるだけやってみなさい」と応援されました。
占い師に励まされたこともあって、気になっていた店舗の募集に応募してみました。書類審査を通過し、実技審査と面接がありましたが、占い師の言葉の力もあってか緊張せずに自分らしい力を発揮することができました。そして実技審査にも通過した私は占い師として活動できるようになりました。
私もあの占い師のようにだれかの力になれるような占い師になりたいです。占いは当たる外れるが重要視されがちですが、それだけでなく占い師の人柄や優しさもとても大切だと感じました。

占いの館ウィル東京渋谷店の場合

占いの館ウィル東京渋谷店でも占い師を募集する際には実技審査を行っています。占いの館ウィル東京渋谷店の場合は実際の店舗に来て審査が行われます。実技審査では鑑定の精度はもちろん、その占い師の態度などにも注目しています。どんなに鑑定が優れていても、話し方や雰囲気しだいでは審査に落ちることもあります。鑑定力だけでなく、話し方や相手への伝達力、話を聞く態度などにも気をつけて臨むとよいでしょう。